ほうれい線のある人とない人の違い


b9edbe432093f31631946b755d24852c_s


みなさんの周りに、ほうれい線を持っている人はいますか?その方は、見た目年齢と実年齢がどれくらい離れているのでしょうか?

ほうれい線の存在は、見た目年齢を押し上げます。人によっては見た目年齢と実年齢に10歳くらいの差が生じているのでは?ほうれい線の存在は、特に女性にとっては忌むべきものかもしれません。

逆に、ほうれい線がない人では、見た目年齢がとても若く見えます。特にケアをしていないのにほうれい線ができない人って羨ましいですよね。

最近では、若い人でもほうれい線ができている人が増えてきました。以前は、中年以降のトレードマークのようだったほうれい線が増えつつあるのは、どうしてなのでしょうか?


ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができる原因は、ずばり頬のたるみです。年齢とともにお肌のターンオーバーサイクルは遅くなり、また、皮膚の下にある真皮層の弾力が失われることで、頬の皮膚が垂れさがりほうれい線が現れるのです。

また、お肌が乾燥してもほうれい線ができます。お肌が乾燥していると皮膚が十分に機能することができず真皮層にもダメージを与えます。これが小じわの元になります。この小じわが口の周りにできるとほうれい線となって残ってしまいます。

さらに、頬の筋肉のゆるみもほうれい線の原因になります。頬にある筋肉は皮膚に直接ついていますので、この筋肉が緩むことでお肌のたるみが出現、ほうれい線が現れるもとになってしまいます。


ほうれい線と皺、どこが違うの?


1ef6614817b6e7dd20f3b6af80982fc7_s


目尻にできる小じわ、気になりますよね。同じようにほうれい線も気になるはず。この小じわとほうれい線、どこが違うのでしょうか?人によっては同じでもあり、違うものでもあります。

ほうれい線ができる原因は基本的には頬の皮膚のたるみです。頬の皮膚の下にある真皮層はコラーゲンやエラスチンが網目状に張っていて真皮の弾力を保っていますが、この弾力が失われることによって頬の皮膚のたるみが生じてほうれい線ができます。

一方、特に目尻にできやすい小じわは、目尻にある皮膚がいつも同じように動いていることによって起こる、皮膚での形状記憶です。加えて目尻の皮膚が乾燥し潤いがなくなっていると、真皮層にまで達する小じわができるのです。


ほうれい線の原因、どうしたら取り除けるの?

できてしまったほうれい線は、どうしたら取り除けるのでしょうか?必要なのは、保湿と紫外線対策、そして表情筋のエクササイズです。

保湿については、化粧水や乳液はたっぷり目に塗りましょう。特にほうれい線にしみこませるように塗るとか、頬のお肌やほうれい線そのものを引き上げるようにマッサージしながらしみこませるようにすると良いでしょう。

紫外線照射は、お肌の乾燥へとつながります。お化粧する前には日焼け止めを顔全体に塗るようにしましょう。

頬の筋肉のエクササイズでは、口を大きく開けるなどで口周りの筋肉を使ったり、笑顔をつくったり頬の皮膚をこめかみ側へ引き上げる、頬を膨らませて口の中の空気を頬の筋肉で押しつぶすなどようなエクササイズをするとよいでしょう。


記事